本文へスキップ

バリ・バリ島・バリ島観光・バリ島カーチャーターはバリ☆カワイ☆ナビへ

電話でのお問い合わせは082-146-905400

MAIL: info@balikawainavi.com

〒80228 Jl.Betgandang 1/17 Sanur, Bali

 ショッピングHEADLINE


バリ島といえば・・・雑貨王国といってもいいほど、たくさんの雑貨屋さんが多くあります。
それとプラスして、シルバーやアロマ・コスメなどの天然化粧品と買い物できるところがたくさんあります。

バリ島では、市場などの値段が表示されてないところも多くあるので、値段を交渉しながら買い物をしてバリの雰囲気を味わうことができます。

では、買いたいもの別に選んでくださいね♪



 インドネシア・バリ島に本拠を置く『P.T.JENGGALA KERAMIKBALI(ジェンガラ社)』は、1976年ニュージーランドのデザイナーBrent Hesselyn(ブレント・ヘスリン)氏やホテル経営者のWija Waworuntu(ウィジャ・ワォランテュ)氏らと共に設立された陶器ブランドです。当時、バリ島にセレブリティ向けの高級アジアン・リゾートホテルが建築され、有名ホテルの食器類を製作するために生まれました。西洋のモダンなデザインに加え、カエルやロータスなどバリの自然からインスパイアされたモチーフがジェンガラの特徴ですが、近年では著名なアーティストや日本人のデザイナーを採用するなど、絶えず新たなプロジェクトに関わっています。



インドネシアでは古くからバティックとイカットなどの布が多くあり、木綿や絹に幾何学模様や花鳥模様などを蝋で模様を描き、蝋によって防染された以外の箇所に色が染まるという技法(ろうけつ染め)のバティック、あらかじめ決められた模様にしたがって色をくくり、くくった以外の位との部分が染められ、その後機織り機にその意図をかけ織ってゆくと模様ができるイカット。
それぞれ種類によって、作り方や値段など違いがあり、作られている地域などで模様も違います。




インドネシアに自生するシダ科の植物で、茎がまっすぐつるのように伸びるのが特徴です。

アタ製品はとても長持ちし、使えば使うほど良いアメ色になってきます。

最近では、形もいろいろ豊富で色も定番のあめ色にプラスして、赤や黒などバリエーションも増えてきています。


バリ島には、自然に採れるものを利用して作られたナチュラルコスメがいっぱい!!

石鹸をはじめ、お香から、アロマオイルなど・・・是非、お試しください!

その他にも、ローカルコスメなど値段もお手頃で質のいいものもあります。

心身ともに癒されるナチュラルコスメを紹介します。


雑貨王国といってもいいほどたくさん雑貨屋さんがあり、女性ならずっと

見ていても飽きなさそうなお店が数えきれないほどあります。

その他、インドネシアのバティックを使った洋服や小物なども多くあり、

お土産にするのもよさそうです。


一時期、バリの家具が日本でもよく流行りましたね。

今でも、飽きのこないデザインと日本のインテリアに合いそうなものが多くあります。

多くある家具屋さんのなかでお気に入りのものを見つけてみてください。



バリ島のチュルク村には以前より金銀細工が有名で数多く店があります。
今ではチュルク村以外にもバリ島どこでもシルバーを手にすることができようになりました。

金銀細工は、全て手作業で作られ、その作業も見ることができます。
バリ島で一番有名なシルバーといえばガムランボールで別名『ドリームボール』と言われ、『願いがかなう』『幸運を呼ぶ』などと言われています。鈴よりも優しい音色で癒してくれ人気のアイテムです。





このページの先頭へ